【西宮・芦屋・神戸・宝塚】マンションリフォーム&リノベーション
中古マンションを買ってリノベーションする!今の住まいをこだわりデザインリフォーム
フリーダイアル
0120-723-056
(9:00~19:00 定休日/火-水曜日)

リフォーム工事に必要な費用

ここではマンションの全面改装(設備新設)でのケースを示しています。
延床面積90 ㎡のマンションを間取り変更を含む全面リフォームをした場合

■リフォーム工事費

リフォーム工事費は、工務店に対して支払う工事費用です。
工務店への支払いは、通常2 回~3 回に分けて行われます。
※工期が1 ヶ月以内の場合は、通常2回に分けて支払います。

600 万円のマンションを全面リフォームした場合
リフォーム工事費(消費税込み) 600 万円
合計 600 万円

■工事請負契約書印紙代

工事契約書印紙代は、工務店との間で契約が交わされる際に必要な費用です。
工事請負金額によって印紙代は異なります。
【印紙代】500 万円以下2 千円
500 万円~1000 万円以下1 万円
1000 万円~5000 万円以下1 万5 千円
※契約書作成日が平成21 年3 月31 日まで

600 万円のマンションを全面リフォームした場合
印紙代 1万円
合計 1万円

■設計料

設計料は、設計監理業務の対価として設計事務所に頂く費用です。
【設計料】31.5万円
※入金時期設計契約時3%
工事完了時3%

600 万円のマンションを全面リフォームした場合
設計料 31.5万円
合計 31.5万円

■リフォーム工事に必要な費用のまとめ

600 万円のマンションを全面リフォームした場合
リフォーム工事費 600 万円
印紙代 1 万円
設計料 31.5万円
合計 637 万円

600 万円のリフォームをした場合、37 万円の諸費用がかかることになります。
リフォーム工事をする際に必要な諸費用の目安は工事費の約6%

その他費用
インテリア※ 約25 万円(カーテンやブラインドなど)
家具・家電 約30 万円(引越しを機に買い換えるもの)
引越し代金 約12 万円(月末は高くなる)

※インテリアについては、リフォーム工事費に含むケースがほとんどです